ふりかけって、もともとは栄養補助が目的で作られたらしい

お手軽食品のふりかけ、我が家でも重宝しております。
市販のものは添加物たっぷりなものも多いせいか、あまり健康にはよくなさそうなイメージですよね。
ところが、本来ふりかけは貴重な栄養補助食品だったということです。
戦直後、あるメーカーの社長さんが、栄養不足を憂いて、ミネラル豊富なのりやかつお節などを原料に作って売り出したそうです。

それがどんどん広まって、今日のふりかけ産業にまで発展したという奥深い歴史があります。
今でもシンプルなふりかけは、ほとんど添加物なく、ミネラル分豊富な商品もあります。
そういうものを選んで食べれば、健康にもよさそうですね。
塩分が多いので食べ過ぎ厳禁ですが、毎日少しずつ食べれば、不足しがちなミネラルを補うことができそうです。